低燃費住宅に実際に住んで

低燃費住宅の実際に住んでの感想を

低燃費住宅の魅力

 低燃費住宅の魅力は、その名のとおり、住むことにエネルギーを消費しにくいものであることにあります。

 

 簡単に言えば、おさいふにやさしい。これも魅力だけど、自分は違う。機械にあんまり頼んなくても、大丈夫な家。それによって、体にも優しい。ここが自分の感じる魅力。

 エアコン苦手な人いるでしょ。自分もです。タイとかいったら、エアコンガンガンが豊かさの象徴と考えているらしく、凍え死にそう。

 人間は、冷えや、温度変化に弱いんです。体温が1度下がれば免疫が30パーセントていかするとか。

 自分は、寒いかっこうしてウロウロするとほぼ、体調不良になります。

  低燃費住宅は、エアコン使います。が、エネルギー効率は非常に優れていて、一定の温度を保つのに貢献してくれます。各階に1台ずつ設置し、夏は2階のを、冬は1回のを稼動させます。

 空気の乾燥や湿度の調整はエアコン+2トンのセルロースファイバーがおこなってくれ、過乾燥にならず、かつ湿気だらけにもならないと。